邦楽演奏会における新型コロナウイルス感染症対策について

最終更新: 7月17日

邦楽の演奏会を催す際の、主催者側にできる新型コロナウイルス感染症対策をまとめてみましたので、備忘録として掲載いたします。不備な点などございましたらご指摘いただけましたら幸いです。



邦楽演奏会公演における新型コロナウイルス感染症対策



ロビー・受付

○開場前の混雑が予想される場合は整理券を発行

○咳・発熱などの体調不良の方にはご来場を控えていただく(前売り券の払戻し対象とする)

○非接触体温計による検温

○入場者へのマスク着用の徹底(お持ちでない方には提供、着用拒否される方には入場をお断りする)

○芳名録記帳、コロナ追跡システムの登録のお願い

○チケットの半券はお客様に切り離して頂き回収箱に収めていただく



舞台・客席

○舞台と客席(最前列)に十分な距離を設ける

○客席同士の距離の確保(2m間隔を確保・最低でも1m)

○来場者数の制限

○こまめな換気(1時間に2回・2方向の窓を開放)、休憩時に換気を行う



施設全般

○会場入口・受付・トイレに消毒液の設置、手指のアルコール消毒の徹底

○施設内での飲食をご遠慮いただく

○手で触れる共有部分を有効な消毒方法で消毒

○大きな声での会話を控えて頂くように周知



その他

○滞在時間が短くなるように、公演時間の前後にお客様が滞留することをなくすように工夫する

○入退出時(入退出時の行列含む)や集合場所等において、人と人との十分な間隔が確保されること(2mを目安に最小でも1m)

○その他、行政関係機関の指導の遵守

© 2020 by Takahisa Kawasaki. Proudly created with Wix.com